ダイエット

健康診断で肥満だと指摘されたら

年一回の健診などで、肥満や太りすぎという判断をされることがあります。
肥満体型とは、身長に対して体重が多くなりすぎ、健康を脅かす可能性があることです。

もしも、肥満だと言われたら、ただ太っているという話ではありません。
健康を保つために痩せる必要があるということです。

体重が多くても、肥満とは言い難い体型をしている人もいます。
運動を趣味にしているような人で、筋肉がたくさん体についているような人です。

体重そのものは多くはなくても、筋肉が少なく、骨が細い人の場合は、ちょっと太っているだけで肥満になることがあります。

この頃、特に健康によくないと言われているものに、内臓型肥満があります。
皮下脂肪とは違い、内臓まわりにつく脂肪です。カロリー摂取量にそれほど敏感にならずとも、若くて健康なうちは、体重は標準体重の範囲内に収まっています。
痩せ型だった若い頃は比較して、今は標準体重の範囲に入っているという場合は、脂肪細胞が増えていることがあります。
遺伝形質に原因があったり、ホルモン代謝に原因があって肥満な人もいますが、大抵の人は食事の摂りすぎや、体を動かさない生活のせいで太っています。

もしも、カロリーの摂りすぎや、運動量の少なさからの単純性肥満なら、生活内容の見直しで体型を変えられますし、健康維持にも努められます。
食べる量を減らし、体を動かす生活をすることで、肥満体型から標準体型へのシフトは可能ですが、栄養不足による体調不良には気をつけるようにしましょう。

肥満であると診断されても、具合が悪くなっているわけではなく実感には乏しいですが、健康面を考えれば、肥満は解消は必要です。